皆さんは、コンビニやスーパー、交通機関などでの支払いを何で行っていますか?

現在は現金やクレジットカードが主流です。しかし、近年は電子マネーで支払いを済ませているという方も増えています。

そんな中、電子マネーと同じくらい決済方法で注目されているのがビットコインです。
「ビットコインと電子マネーは、何が違うのか?」

一見似ている両者の違いやメリット、デメリットをチェックしておくと、新しい決済方法が見えてきます。

ビットコイン(Bitcoin)と電子マネーは何が違うの?

ビットコイについて、詳しく知らない方に聞いてみると、
「電子マネーと同じようなものじゃないの?」
という返事がよく聞かれます。

ですが、電子マネーとビットコイン(Bitcoin)は全くの別物です。
このことを覚えておけば、どちらも上手に利用できるでしょう。

電子マネーは決済の一つの完成形?

電子マネーは、最初に使用したい金額をチャージします。
チャージした金額内であれば、交通機関や買い物で自由にマネーを使え、便利ですよね。

使える範囲がどんどん広がっていますが、コンビニやスーパー、交通機関ごとにマネーの種類が違う場合が多く、専用カードは使いたい電子マネーの分だけ、増えることになります。

クレジットカードとの連携も可能で、一部ではクレジットカード一体型が一つの完成形とも言われています。

ビットコインは世界共通規格で、決済スピードが早い

一方のビットコインですが、まずはビットコインを扱う仮想通貨取引所でコインを購入する必要があります。購入したビットコインは、専用カードではなく、パソコンやスマホなどの端末がウォレットとなります。

このウォレットから、ビットコインで支払い可能な通販サイトを利用したり、スマホを利用してお店での支払いを行ったりできます。

ビットコインの特徴は、電子マネーとは異なり世界共通規格であること。
そして、決済スピードが圧倒的に早いです。

機会がないかもしれませんが、特に海外送金する際はその効力がいかんなく発揮されます。

ビットコイン決済は本当に使えないのか?

ビットコイン決済に関しては疑問視する声も多くあります。
ただ、ビットコイン決済にはメリットとデメリットがあります。

前提として、電子マネーとビットコインの大きな違いは、金額に変動があるか、否かです。

この点をを踏まえたうえで、ビットコイン、電子マネーのそれぞれのメリット・デメリットをより詳しくみていきましょう。

ビットコインのメリット・デメリット

ビットコイン(Bitcoin)のメリット

・手数料が安い
・送金スピードが早い
・国境を越えた共通規格である
・個人や企業間のお金のやりとりに使える
・非課税の恩恵を受けられる場合がある

ビットコインには、共通の通貨単位(BTC)があります。そのため、個人や企業間であれば、両替なしで使用できる点がメリットです。

また、店舗側にとってビットコイン決済を導入するメリットが多いことも特徴。
特に手数料が安く、外国人旅行客にも対応でき、支払いサイクルが早い側面があります。

特にBTCという単位は海外でも共通規格なため、国の通貨を持っていなくても旅行先で支払いが行えます。国境を超えるという点も、大きなメリットです。

2018年には、ドイツ財務省は決済手段におけるビットコインは非課税という発表を行いました。

参照URL:https://jp.cointelegraph.com/news/germany-wont-tax-cryptocurrencies-used-to-make-purchases

現在、ビットコインは決済ではあまり使えないと言われていますが、明らかに人によっては使うメリットがあります。

ビットコインのデメリット

ビットコインのデメリットとして一番に挙げられるのが、日本国内で使用できる場所が少ない、という点でした。

とはいえ最近では、
「ビックカメラが都内でビットコイン支払いを導入」
というニュースがあるように、今後徐々に普及していくと予想されます。

相場が落ち着いて、国内、海外でも共通して使え、取扱店舗が増えてくれば、電子マネー以上に便利になる可能性は十分にあります。

電子マネーのメリット・デメリット

電子マネーのメリット

利用者が増え続ける、電子マネー専用カードやスマホアプリ。

そのメリットとして大きいのが、「ポイントが溜まる」「電子マネー払いだと安くなる」といった“得”の部分。

電子マネーで支払うだけで、同じ商品を安く買えたり、ポイントが貯まったりするため、学生から主婦まで、幅広い層が電子マネーを利用するようになりました。

銀行口座からオートチャージされる設定にしておけば、お金が無くなるたびに銀行へ行く必要がなくなります。コンビニなどのATMは手数料のかかる場合が多いですが、電子マネーならそんな心配もありません。

電子マネーは主な発行元が大手企業だから“安心して使える”という点もメリットです。

電子マネーのデメリット

一見便利でお得な電子マネーですが、デメリットももちろんあります。

共通の規格がない

最大のデメリットは共通の規格がないこと。

スタート当初は問題なかったのですが、現在は非常にたくさんの電子マネーが発行されています。そのため、せっかく現金を持ち歩かなくて良くなったのに、財布の中が専用カードでパンパンになってしまった、という悩みを抱えることも。

利用するお店によって使える電子マネーが違うため、その都度専用カードを探したり、アプリを起動したり、といったわずらわしさもあります。

再び現金化できない

チャージしたお金を再び現金化できない点も、電子マネーを持つデメリット。
「いつも利用しているお店があり、そこの電子マネーを多めにチャージしていた」
という人が、急な転勤で系列店のない地域へ引っ越した場合、電子マネーの残高は使い道がなくなってしまいます。

全体のまとめ

こうして見ていくと、電子マネーもビットコインもそれぞれメリット・デメリットがあって、一概にどちらが良いとは言えないことが分かると思います。

ビットコインの決済は否定派が多いのが現状ですが、今回挙げたメリット、電子マネーとの違いを見れば、普及の可能性は十分にあるでしょう。

現在は、仮想通貨市場がかなり冷え込んでいますが、相場が安定すれば決済に関する議論は再熱するはずです。

周りの声や先入観にとらわれず、ライフスタイルや住んでいる地域などを考慮し、上手に使い分けていくのが賢いと言えるでしょう。

仮想通貨は絶対にハードウェアウォレットに保管しておこう!

仮想通貨取引で気をつけなければならないのが管理方法です。

コインチェックの事件もあり取引所やウェブ上で管理するのは流出リスクがかかります。

仮想通貨はハードウェアウォレットで管理するのがベストです。

具体的にはどうすればよいのか?

もっともポピュラーで安全なLedger NanoS を購入しておけば安心です。

私自身も利用していますが、簡単に使うことができて、持っているだけで安心感があります。

仮想通貨で取引される方は、必ず所有しておきましょう。