副業が会社にバレない方法ってあるの?バレない金額や確定申告の書き方とは!確定申告しないとバレない?

副業会社にばれない方法 バレない副業

 

副業に興味を持っている人が一番気にしていることは会社にバレないかどうかだと思います。

いくら副業解禁と政府が言っていてもまだまだ多くの企業で副業が解禁されていません。

その中でバレない副業方法をご紹介していきます。

確定申告についても触れていきます。

間違えないように正しく処理して安全に副業ができるようにしましょう。

厚生労働省が「働き方改革実行計画」を踏まえて、副業や兼業促進を図っています。

しかし、まだまだこれを禁止している企業も多く絶対に会社にバレたくない会社員の方も多くいるでしょう。

詳しく解説しますので最後までご覧いただきバレない副業を行いましょう。

 

副業が会社にバレない金額はいくらまで?

 

確定申告が不要となる人の条件を見ていきます。

下記の3つが重要です。

 

1.勤務先から雇用契約に基づく給料をもらっている人(給与所得者)

2.勤務先での年収が2000万円以下である人

3.給与所得を除いた副業での所得金額が20万円以下である人

 

上記のように事業所得・雑所得・不動産所得が20万円以下ならば無条件で確定申告が必要です。

ただし、副業でアルバイトをしている方は確定申告が必要です。

間違えることなく申請を行いましょう。

脱税として法を犯すこととなります。

よって目安としては20万円以下となります。

ただ、20万円以下だからといって安心してはいけません。

社内で噂となり、副業を見られることもありますので、注意が必要です。

よくあるケースとして、副業でお金を稼いでいるという発言が会社にバレる要因に繋がります。

 

副業は確定申告しないとバレないって本当?

 

確定申告しないとバレないわけではありません。

確定申告は必ず行う必要があります。

しかし、普通の確定申告とは違います。

これを誤解して確定申告をしないとバレないと思っている人が多数います。

正しい申告としては、確定申告の「住民税」を自分で交付するを選択することがです。

そうすることによって、住民税の納付書が自宅に届くようになります。

自分で納付するため会社にバレることなく副業をすることができます。

これを間違ってしまうと会社に副業分の住民税の納付書が通知され会社にバレることとなります。

また、確定申告をきちんと行わなければ脱税となります。

いずれにせよ、確定申告は必須の手続きです。

 

副業がバレないためには住民税が重要なポイント!

 

このポイントさえ抑えることができれば一安心です。

簡単に言うと住民税を自分で納付することです。

そうすることによって副業による収入に関する住民税の通知が会社に行かずバレずに副業をすることができます。

確定申告第二表の項目にある「住民税に関する事項」を自分にで納付に〇をするだけです。

 

副業がばれない確定申告の住民税の書き方は

 

副業の支払われたお金目的によって異なります。

大きく2種類のケースがあります。

まず、一つ目は「給与」の場合です。

こちらは給与所得となり所得税が源泉徴収されているケースがほとんどです。

厳選徴収で収された税金は、必要経費控除する前の支払額に基づいて計算されていますので、申告すれば税金が還付されるかもしれません。

そして、この給与で20万円以下の場合ならば申告は不要です。

二つ目が「雑所得」です。

多くの方がこちらに該当するかと思います。

スキル販売や講演料、ビットコインなどの売却益の場合は、確定申告が必要となります。

その場合は、申告書第二表に記載します。

住民税の欄に自分で納付に「〇」を行うだけです。

そうすることで自分宛に納付通知が来るようになります。

会社に届くことがないためバレずに副業できます。

 

まとめ

 

副業が解禁となりましたが、まだまだ解禁されていない企業が多くあります。

副業を行う際は必ずお勤めの労務規則を確認しましょう。

そして、どうしても会社にバレずに副業を行いたい人は、確定申告の際に住民税を自分で納付するを選択することを忘れないでください。

副業はお金の稼ぐためだけではなく自分のスキルを向上させることもできます。

スキルアップのためにも副業を始め楽しん副業を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました