会社員(サラリーマン)の副業の確定申告はいくらから?住民税はいくら?

サラリーマン確定申告いくら 副業の確定申告

 

会社員が副業する際に重要なことが確定申告です。

原則、会社員は給料支払いのときに源泉徴収されています。

年末調整を受けていれば申告する必要はありません。

勤務先が年末調整で過不足を清算してくれています。

しかしながら、会社員でも確定申告が必要な場合があります。

特に副業を行っている人は確定申告が必要です。

その手続きや仕組みを解説していきます。確定申告を見逃すと罰則を受けることとなります。

正しい確定申告を行いましょう。

 

副業の定義とは!

 

最近よく耳にする副業の定義は、簡単にいうと「本業以外で収入を得ている仕事」です。

副業以外にも兼業やサイドビジネスとして呼ばれることもあり、就労形態も様々あります。

パートやアルバイト、日雇いなど自分の都合に合わせ働きができます。

給与や事業収入、不動産収入など収入形態も様々です。

副業に対して、明確な定義があるわけではありません。

そのため、本業以外での収入を得ていると副業と捉えるといいでしょう。

 

会社員の副業の確定申告はいくらから?

 

副業の所得や収入が年間20万円以下であれば申告不要です。

ただし、様々なケースによって20万円以下でも申告が必要な場合もあります。

自分がどのようなケースに該当しているのか把握する必要があります。

特に、副業がアルバイトの人は注意が必要で年末調整をされなった給与は確定申告が必要です。

給与を2つ以上から受けている場合は要注意。

ブログやスキル販売の収入は雑所得となります。

雑所得の場合は、20万円以下奈良場申告は必要ありません。

自分に副業が何所得になるのかきちんと理解することも必要ですしょう。

 

副業所得の計算方法とは

 

副業によって収入を得た際に、税金を納めるために所得税を計算します。

しかし、副業所得の種類によって計算方法が異なります。

基本的には「課税される所得金額×所得税の税率」で計算することができます。

副業がアルバイトの場合は、「全ての給与所得×所得税の税率」が計算方法です。

本業と副業の一年間の給料を合算することがポイントになります。

それとは別にブログや動画などの広告費で所得を得たケースでは、「(本業+雑所得)×所得税の税率」となります。

売上から経費を差し引いて所得金額を算出します。

また、大家さんとして家賃収入を得た場合は、「(本業の所得+不動産所得金額)×所得税の税率」で計算します。売上から経費を差し引いて所得を算出します。

 

住民税の申告はいくらから?

 

よく耳にする20万円の壁について解説します。

20万円以下なら申告しなくてもいいとききますが、これは所得税の話です。

所得税に関しては、申告が不要です。

しかしながら、住民税の申告について20万円以下でも申告が必要となります。

自治体に住民税の申告をしなければなりません。

自治体によって申告方法が異なりますので必ず自治体のwebサイトや窓口で相談しましょう。

イメージとしては、少しでも収入が生じた場合は、住民税の申告が必要となると認識しておきましょう。

 

会社にバレない確定申告の方法とは

 

確定申告をする際に必要なことは一つです。

それは住民税を自分で納付することです。

もしこの手続きをしないと自治体が本業の企業に副業分の住民税通知を送付することとなります。

そうすることで会社はなぜ住民税が高くなったのか疑います。

その結果、副業していることが判明します。

それを防ぐには、確定申告の際に「住民税を自分で納付する」を選択する方法しかありません。

正しい手続きを行って会社にバレない副業を行いましょう。

確定申告の問題さえクリアすれば、自治体から情報が洩れることがなく安心して副業をすることができます。

しかし、副業がバレるケースは確定申告だけではありません。

社内の人に話してバレることや副業している姿を見られてバレるケースもあります。

同僚や社内の人に副業をしていることは話さないことが得策でしょう。

確定申告と同じくらい大切と考えましょう。

 

おすすめの副業や会社バレ、在宅・スマホでできる副業、確定申告などに関してはこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

おすすめの副業に関してはこちら

会社にバレない副業に関してはこちら

在宅でできる副業に関してはこちら

スマホでできる副業に関してはこちら

副業の確定申告に関してはこちら

 

まとめ

 

副業をしても確定申告を正しく行えばバレることはありません。

住民税を自分で納付することを忘れないように管理しましょう。

住民税と所得税の違いも理解することも大切です。

確定申告がしなければ追加徴収や脱税になります。

間違った対応しないように注意し副業を安心して行い、副業解禁でより自分のスキルや人生が明るくなるように楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました