副業の確定申告しないとどうなる?怖いペナルティや20万円ラインの落とし穴とは!

確定申告しないとどうなる 副業の確定申告

 

副業が解禁され副業への注目度が高くなっています。

大手企業も副業解禁を進め拍車がかかっています。

しかし、副業をした際には確定申告をしなければいけません。

確定申告の重要性や詳細にについて記載します。

申告しなればどういった結末になるのか詳しく解説しますので、注意点も併せてぜひ最後までご覧ください。

 

そもそも確定申告ってなに?

 

副業解禁となってからよく耳にする確定申告を理解していますか?

確定申告とは、所得にかかる税金を算出して税金を納付するための申告です。

一年間の所得に対して納めるべき所得税を計算し国に納めます。

1年に1回行うもので1月1日~12月31日の所得を計算します。

そして、翌年の2月16日~3月15日の間に税務署に納税します。

また、払い過ぎた税金を還付する申告もあります。

こちらは申告が可能になった日から数えて5年以内であればいつでも申告することができます。

 

20万円以下なら確定申告しなくていいって本当?

 

ネットなどでは20万円以下ならば申告不要と記載されいますが、細かなことを言えば例外ケースもありますので、絶対に申告不要とはなりません。

例えば、副業がアルバイトなど給与の場合は、20万円以下であっても申告しなければいけません。

さらには、源泉徴収をされない収入を得ている場合も確定申告をしなければいけません。

そのため、20万円以下であれば申告不要というのは例外もあります。

ただ、多くの人はブログやアフィリエイトなど雑所得となります。

そのため、20万円以下は確定申告をしなくてもいいです。

 

青色申告と白色申告の違いとは

 

確定申告には、2種類ありそれぞれ提出すべき書類が異なります。

2種類とは「白色申告」と「青色申告」です。

青色申告のメリットは、税金を少なくしてくれる特別控除があります。

こちらは最大で65万円を所得から差し引くことができます。

さらには、赤字を3年間繰り越しできることもメリットです。

フリーランスの人に関わってくることが家賃や電気代も経費になります。

節税対策になります。

しかしながら、デメリットもあります。

青色申告する際には事前に申請が必要です。

また、必要書類も多くかなり面倒な手続きとなります。

その一方で、白色申告は申告手続きがシンプルです。

確定申告も収支内訳書に売上や経費等記入していくだけです。

シンプルで申告が楽なのですが、特別控除を受けることができません。

さらには、赤字を繰り越すことできないことで税負担が重たくなります。

こういったデメリットもあります。

自分にとってどちらが節税になるのか検討しましょう。

青色申告は大変とか面倒だという印象が強いですが、会計ソフトなどを使えばスムーズに申告できます。

 

副業の経費はどこまで認められる?

 

会社員の副業で経費が認められる所得は3つで「雑所得」「事業所得」「不動産所得」です。

アルバイトやパートは給与所得となり経費対象外です。

副業の種類によって認められる経費が異なります。

まず、物販のケースでは、販売する商品の発送費用や商品保管倉庫などは経費として認められます。

また、広告費としてネットやチラシなどの掲載費を経費にすることができます。

副業の共通するものとしては、文房具や仕事に関係する雑誌なども経費をして落とせます。

その一方で、経費にならないものは医療費や生命保険は経費ではありません。

 

副業で確定申告しない場合のペナルティは?

 

申告には期限があり、遅れた場合には追加課税されます。

期限までに申告しないと申告意思がないと判断され「無申告」に対するペナルティを課せられます。

50万円までならば15%で、それ以上ならば20%の無申告加算税が追加されます。

無申告の場合は、かなり重い罰則となります。

災害などやむを得ない理由がある場合は確定申告や各種手続きを延長することができます。

その際は、「所得税の申告などの期限延長申請書」を提出しましょう。

 

おすすめの副業や会社バレ、在宅・スマホでできる副業、確定申告などに関してはこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

おすすめの副業に関してはこちら

会社にバレない副業に関してはこちら

在宅でできる副業に関してはこちら

スマホでできる副業に関してはこちら

副業の確定申告に関してはこちら

 

まとめ

 

副業していると確定申告は必須です。

対象者でもあるにも関わらず申告を怠った場合は、厳しいペナルティがあります。

期日に間に合わない場合も申請することで延長を受け入れてもらえる可能性もあります。

又、青色申告や白色申告など申告方法もあります。

毎年、確定申告が来ますので計画的に申告しましょう。

タイトルとURLをコピーしました