今回は、このブログのテーマである「休暇」について本気で触れておきたいと思います。

休むことは生きることと同じくらい大切

生きていく上では、誰しも心身ともに疲弊してしまうことがあると思います。

ストレスに対してもっとも有効なことは休むことです。

学業や仕事、家事や育児を一生懸命やることと同じくらい休むことは大切です。

人間には心と体があり、精神と肉体は何よりも優先されるべきです。

休み方と言っても人それぞれです。

休み方は人それぞれ

  • 睡眠時間をしっかり確保する
  • 休日はしっかり休む
  • 仕事に集中したらその分だけ休暇を取る
  • 自分だけの時間を作る
  • 楽しみを見つける
  • 好きな漫画を読む
  • 出会いを見つける
  • 美味しいものを食べる

休み方にはさまざまなバリエーションがあり、特に決まりはありません。

外へ出かけて旅行するというものでも、精神的な開放感が得られるのであれば休暇ということができます。

休むことで人生は何倍も充実する

自分に合った心と体の休ませかたを知ることで、人生は何倍にも充実していきます。

精神的に深く追い詰められた時は、休むことでその傷をいやし、そうすることで生きる活力を生み出していけるのです。

反対に言えば、休み方を知らないと破滅に進むこともあり得ます。

休まないで働く、休まないで頑張るというのは、一生懸命に見えて素晴らしいと思う人もいるかもしれませんが、長い目で見ればかならず反動が訪れます。

絶対に無理はしてはいけない

昨今はブラック企業が話題になっていますが、本当に追い詰められているのであれば、会社を辞めるというのは一つの手です。

絶対に無理をしてはいけません。

日本人は休むことに抵抗があるかもしれませんが、休むことで心身共に充実し、その分だけ頑張ろうと思えるものです。

これは一つの法則ということができるでしょう。

この休暇ファンというブログでは、休み方にクローズアップしてを提案していければ良いなと思います。