webライターの副業はばれない?未経験からの始め方や月収でいくら稼げる?

ウェブライターの副業はバレない バレない副業

パソコンスキルがなくても始められるWebライターは人気が高い副業です。

Webライターはフリーランスの需要も高く案件が豊富にあります。

未経験者でも副業することができ、稼ぐことができます。

文章の書き方やタイピングスキルも向上するので稼ぐだけでないないこともメリットがあります。

SNSの発展もあり、ライティング技術があれば将来的にも安心です。

今回はWebライターの始め方や月収について解説していきます。

 

ライター副業の仕事の種類は?

 

ライターの種類は多岐にわたりますが、最近需要が高いのがECの商品説明やブログの運営です。

特にECにおいて商品説明は命とりです。

何が売りでどんな特徴があるのか正確に表示する必要があります。

また、誇大広告にならないように気をつけなればいけないこともあり、高いスキルを求められます。

個人でもECショップを開設することができる時代になりましたので需要が多いです。

そして、もう一つがブログ案件です。

これは、アフィリエイトなどを目的としている人を中心に需要があります。

アフィリエイトで稼ぎたいが文章力や語彙力がない人の需要に答えています。

さらには、ブログやコラムを書く時間がない人にも需要があります。

ライティング技術は一つのスキルになっています。

敬体や常体など様々なスキルが必要であり、文章構成力が問われるためスキルを持っている人は重宝されます。

 

ライター副業の未経験からの始め方とは

 

ライター副業の未経験からの始め方は、環境を整えることが1番大切でしょう。

ライターで必要なものは、パソコンに加えてネット環境がものすごく影響を与えます。

ライティングスキルに関しては徐々に力がついてきます。

しかし、パソコンがないとライターとして始めることは厳しいです。

パソコンについてはMacやウィンドウズどちらの方が良いのかと感じる人もいるかと思いますが、未経験から始める場合は特に気にしなくても良いでしょう。

自分のパソコンスキルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

その他に環境としてはWi-Fiであったり通信環境を整えることが大切です。

Wi-Fiのスピードが遅かったり電波が届かなければ仕事を受注するのに苦戦することになります。

その他にもデスクやパソコン周り機器を取り揃えることで効率よくライティングに携われることができます。

充電器やマウスなどをライターにとって必要です。

 

ライターの副業は月収でいくら稼げる?

 

ライターの副業月収は、スキルによって異なりますがおよそ月収3万円から5万円が相場です。

ライターの平均として文字単価でよく計算されることがあります。

未経験で初心者の場合は一文字0.5円から1円が相場です。

しかし上級者になると1文字単価5円以上になることもあります。

最近では、ブログに加えてTwitterなどの短い文章でライター業務を行う人もいます。

そういう人たちは、文字数ではなくいいね数やエンゲージメントで値段が決まる場合もあります。

未経験の場合は、1文字単価が低くなる可能性がありますがはじめの頃は数をこなすことが必要でしょう。

 

ライターの副業は公務員でも大丈夫?

 

公務員の副業として、ライターの副業は禁止されております。

ライターとして報酬を得る行為になりますので公務員の方は副業をすることはできません。

ライター副業で収入を隠す事は難しいのでいくら個人依頼を受けて仕事してもバレますので公務員は残念ながらライター副業できません。

公務員でもライターとして活動している人も中にはいますがばれる危険性がありますのでここではお勧めすることはできません。

公務員の副業は法律で禁止されていますのでライターに限らず様々な副業が行えません。

しかし公務員でも執筆活動は許されていますがwebライターがこれに該当するかは実はかなり微妙です。

止めておいた方が無難でしょう。

 

ライターの副業が会社にバレない方法とは

 

ライター副業が会社にバレない方法は、確定申告の青色申請をすることや適正な申請を行うしかありません。

ただ副業として20万円以下の場合であれば申請する必要はありませんので会社にはバレません。

またはライターの副業として会社にばれるのは、同僚に話すことでばれるケースも多くあります。

またライターになると自分の経験をライティングしますので、業界用語や社内情報などを記載することがあり会社にばれる可能性もあります。

そのためライターとして副業をするのであれば社内の機密情報は絶対に記載しないことを注意しなければいけません。

副業がバレるだけでなく、会社から訴えられる可能性もあります。

社外秘情報には充分留意してライティング副業を行わなければなりません。

 

ライターの副業の確定申告の書き方とは!

 

副業として稼いだ金額を把握して適切に申請する必要があります。

例えば、1年間で20万円未満の場合は申告不要です。

しかしながら20万円以上稼いだ場合は申告が必要となります。

この20万円についてはライター副業以外の収入も合算されます。

そのため自分の副業収入を適切に把握することが最も重要なのです。

1年間の収入ですので1月から12月までの収入を把握しておきましょう。

確定申告を作成する際は国税庁の確定申告書等作成コーナーで作成したものを使用しましょう。

最近ではインターネットで行える場合もありますのでそういったツールを使うとより簡単に確定申告ができます。

 

おすすめの副業や会社バレ、在宅・スマホでできる副業、確定申告などに関してはこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

おすすめの副業に関してはこちら

会社にバレない副業に関してはこちら

在宅でできる副業に関してはこちら

スマホでできる副業に関してはこちら

副業の確定申告に関してはこちら

 

まとめ

ライターの副業は未経験や初心者の人からでも始めやすいです。

最近ではパソコンがなくてもスマホでもライターとして活動している人がいます。

クラウドワークスなどを気軽にライター副業を行えるツールが複数あります。

経験を多く積んで文字単価をあげれば月収も高くなっていきます。

パソコンやスマ保で行えるため時間にとらわれることもなく、場所にもとらわれないため人気の副業となっています。

タイトルとURLをコピーしました